Macからホスト名でWindows10にリモートデスクトップ接続

MacからリモートデスクトップでWindows10に接続するときにIPアドレスを指定していたのだが、固定IPにしていないと、IPアドレスが変わって面倒くさい。

ググると、udp 5353ポートを開けるだけどよさそうと情報があったが、手順を忘れてしまいそうなのでメモしておく。

接続先Windows10 PCの作業

Windows ファイアーウォールを起動して、詳細設定

mac_rdp01

左ペインで受信の規則、右で新しい規則を選択

mac_rdp02

ダイアログが立ち上がるので、ポートを選択

mac_rdp03

UDPの5353ポート

MultiMulticast DNS(mDNS)

mac_rdp04

接続を許可して、次へ次へ

mac_rdp05

名称をmDNSとでもしておく。

mac_rdp06

設定できた

mac_rdp07

Mac側で確認

[host名].local で pingが通ることを確認。

mac_rdp10

リモートデスクトップの設定も、IPアドレスから、[host名].local に変更

mac_rdp11

これは地味に便利!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Flutter : sqliteの利用