| ページ一覧 | ブログ | twitter |  書式 | 書式(表) |

シェルプログラミング

提供: MyMemoWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

シェルプログラミング

Programming C | Linux | Cygwin |

これらの本からの覚書。

ソフトウェアツールの開発理念

詳解シェルスクリプト イントロダクション

  • 一つのことをしっかりやる
  • バイナリデータではなく文字列を扱う
  • 正規表現を使う
  • 特に指定がなければ標準入力と標準出力を使う
  • 余計な出力は行わない
  • 入力データと同じ形式で処理結果を出力する
  • 一つのプログラムで全てをこなそうと思わない
  • ツールをどんどん作る

基本

リダイレクトとパイプ

  • < を使って標準入力を変更する
  • > を使って標準出力を変更する
  • >> を使ってファイルに追記する
  • | を使ってパイプラインを作る

特殊ファイル

/dev/null

  • ビットバケツ(bit bucket) と呼ばれる
  • このファイルに送られるデータは全て削除される
  • データを読み込むと、常にファイル終端文字が返される

/dev/tty

  • プログラムが実行された端末にリダイレクトされる
  • パスワードなど必ず手入力して欲しい場合などに便利

文字列の検索と置換

  • 当初から存在していた、grep(POSIXのBRE:Basic Regular Expressionsに対応)、拡張された、egrep(ERE:Extended Regular Expressionsに対応)、正規表現に対応しない代わりに、高速な固定検索をおこなう、fgrepが、歴史的な経緯で存在しているが、1992年のPOSIX標準で、grepに統合され、オプションで切り替えられるようになった(現実的には削除されずに残っている)

正規表現

変数

条件

制御

リスト

関数

コマンド

Tips

grepで対象のファイル数が多く argument list too longとなる場合

  • NG
$ grep "hoge" *
-bash: /usr/bin/grep: Argument list too long
  • 書き換え
$ echo * | xargs grep "hoge"

複数ファイルを処理

  • ディレクトリのファイルをまとめて解凍
#!/bin/sh
for f in `ls *.zip`
do
unzip $f
done

日付

書式

+で書式設定
# date +%Y%m%d%H%M%S
20130817093545
スクリプト中で使う
sufix=`date +%Y%m%d%H%M%S`
echo $sufix