| ページ一覧 | ブログ | twitter |

「XML」の版間の差分

提供: MyMemoWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
==XML==
+
==[[XML]]==
[[DTD][XQuery]]
+
[[DTD]] | [[XQuery]] |
  
 
{{amazon|4873111846}}
 
{{amazon|4873111846}}
===XML宣言===
+
===[[XML]]宣言===
 
  <?xml param1 param2 ... ?>
 
  <?xml param1 param2 ... ?>
  
17行目: 17行目:
 
*<!DOCTYPEで始まり
 
*<!DOCTYPEで始まり
 
*element:最初に要素名が記述される
 
*element:最初に要素名が記述される
*DTD-identifier:次にDTDを表す識別しが記述される
+
*[[DTD]]-identifier:次に[[DTD]]を表す識別しが記述される
**省略可能で、ファイルを表すパスか、URL、他のパーサーに解釈される独自識別子
+
**省略可能で、ファイルを表すパスか、U[[R]]L、他のパーサーに解釈される独自識別子
 
*[]:大括弧で囲まれた実体宣言(entity declaration) のリストを記述
 
*[]:大括弧で囲まれた実体宣言(entity declaration) のリストを記述
**省略可能。内部サブセット(internal subset)と呼ばれ、外部サブセット(external subset)と呼ばれるDTDを補う
+
**省略可能。内部サブセット(internal subset)と呼ばれ、外部サブセット(external subset)と呼ばれる[[DTD]]を補う
 
===システム識別子と公開識別子===
 
===システム識別子と公開識別子===
 
====システム識別子(system identifier)====
 
====システム識別子(system identifier)====
33行目: 33行目:
 
=====例=====
 
=====例=====
 
  <!DOCTYPE html
 
  <!DOCTYPE html
     PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2//EN"
+
     PUBLIC "-//W3C//DTD [[HTML]] 3.2//EN"
     "http://www.w3.org/TR/HTML/html.dtd">
+
     "http://www.w3.org/TR/[[HTML]]/html.dtd">
 
===宣言===
 
===宣言===
 
====実体宣言(entity declaration)====
 
====実体宣言(entity declaration)====
46行目: 46行目:
 
  </book>
 
  </book>
 
  & name ;
 
  & name ;
==XML DB==
+
==[[XML]] DB==
 
*DB2 XML DB (pureXML)
 
*DB2 XML DB (pureXML)
==XQuery==
+
==[[XQuery]]==
*XQuery
+
*[[XQuery]]

2020年2月16日 (日) 04:35時点における最新版

XML

DTD | XQuery |

XML宣言

<?xml param1 param2 ... ?>
  • <?xml で始まり
  • パラメータ(複数可)が置かれ
  • ?>で終わる

文書型宣言(document type declaration)

<!DOCTYPE element DTD-identifier [
          declaration1
          declaration2
              ...
]>
  • <!DOCTYPEで始まり
  • element:最初に要素名が記述される
  • DTD-identifier:次にDTDを表す識別しが記述される
    • 省略可能で、ファイルを表すパスか、URL、他のパーサーに解釈される独自識別子
  • []:大括弧で囲まれた実体宣言(entity declaration) のリストを記述
    • 省略可能。内部サブセット(internal subset)と呼ばれ、外部サブセット(external subset)と呼ばれるDTDを補う

システム識別子と公開識別子

システム識別子(system identifier)

SYSTEM " system-identifier "
  • ローカルファイルシステムにある、simple.dtdを指定
<!DOCTYPE doc 
  SYSTEM "/usr/local/xml/dtds/simple.dtd">

公開識別子(public identifier)

PUBLIC " public-identifier "
  " backup-system-identifier "
<!DOCTYPE html
   PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2//EN"
   "http://www.w3.org/TR/HTML/html.dtd">

宣言

実体宣言(entity declaration)

<!ENTITY name identifier-or-value >
<!ENTITY chap2 SYSTEM "ch02.xml">

実体参照(entity reference)

<book><title>My Exciting Book</title>
&chap2;
</book>
& name ;

XML DB

  • DB2 XML DB (pureXML)

XQuery